外壁塗装 お申込み

外壁塗装をしてくれる業者は多くが優良な業者ですが、中にはあまり良くない悪質な業者というのも存在します。こういったところに依頼してしまうと、品質が低い塗装をされてしまったり、トラブルになってしまう可能性があります。

 

このページでは、悪質業者に引っかからないために大事なポイントをお伝えしていきます。


外壁塗装 悪質業者 訪問販売

悪質な業者は訪問販売をしていることが多いです。もちろん、優良な業者でも訪問販売をしてる可能性は否定できません。ただ、訪問販売でトラブルになるケースは多くなっているので注意が必要です


すべての訪問販売が悪とはいえませんが、リフォームなどの訪問販売をしているような業者は注意したほうがいいです。普通の優良な業者であれば、訪問販売することなく、仕事を手に入れることができます。

 

訪問販売をしているところは、そうでもしないと、仕事がとれないということで、何らかの問題を抱えていたりする可能性があるので警戒したほうがいいということですね。

 

訪問販売でよく使われる手口としては、恐怖や不安を煽って、工事を迫るというものがあります。「すぐに塗装をしないと家が壊れる」とか「壁が劣化してるので、雨漏りとか壁がはがれるなどのリスクがある」というようなことを言って、すぐに工事をするように迫ったりします。

 

「今なら○○万円でできる」というような具合に、契約をせかして高額な契約を結ばせようとすることもあります。こういったリフォームや工事は多くの方が、やったことがないと思いますし、相場が分からないので、言いなりになってしまったりします。

 

実際に、こうした訪問販売で相場よりも非常に高い上に、雑な施工がされてしまったりするケースが多いようです。

 

こういった工事は、偽装しようと思えば、偽装しやすくて、見破りにくいので、あとになって気づくということもあります。こういったことを避けるためには、訪問販売は利用しないほうがいいですね。訪問販売が来ても話は聞かずに、相手にしないようにしましょう。

 

外壁塗装 悪質業者 特徴

・話しが上手すぎる
悪質業者は、あなたにとってメリットとなる部分も主張してきます。

 

たとえば、「この塗料を使えば30年は塗り替えをしなくていい」というような具合に、「一度やれば、ずっと安心」というようなことを言ってきたりします。しかし、実際には塗料の質が悪くて、5年ほどで剥がれてしまったりします。

 

オリジナル塗料なので数十年持つというような言い方をしてくるところも悪質な業者である可能性があります。実際にそんな長持ちしません。大手の塗料メーカーである日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研の3社以外のオリジナル塗料を使うと言っているところも警戒したほうがいいですね。

 

多くの会社で使われている品質の高い塗料をあえて使わないということは、自前の安い品質の塗料を使ってコスト削減している可能性もあります。お客さんをだまして質の悪い塗料で儲けようとしている可能性もあるので警戒が必要です。

 

・値引きが大きすぎる
評判が悪くて仕事がないということで、こういったところは、なんとしても契約をとろうと必死になっています。そのため、「今だけ大幅値引き」というような具合に、大幅に安くするといってきたりします。

 

しかし、こういった工事は、必要な経費があり、だいたいの相場が決まっています。そのため、優良な業者であれば、大幅な割り引きというのはしません。

 

一番最初に言った値段よりも極端に安くしてくるような会社はどこかで手抜きをしようとしている可能性がありますので、避けたほうがいいです。

 

・見積もり書が適当
見積もり書の内容が具体的ではなく、抽象的で、ざっくりしているところは注意が必要です。具体的な数字が書かれておらず、「一式」という記載が多い場合は警戒したほうがいいですね。

 

こういった工事は、偽装しようとすれば、ばれずに偽装できてしまいます。塗料を薄めたり、塗る回数を減らしたりするなど、悪質な業者はそういったことをしてきます。

 

見積もり書がいい加減なところは、悪質な業者の可能性がありますので、そういったところには依頼しないほうがいいですね。


外壁塗装 悪質業者 対策

悪質業者への対策として、まずは、訪問販売を利用しないということが一番です。すべての訪問販売が悪質業者とはいいきれませんが、悪質業者が紛れ込む可能性が高いので、相手にしないほうがいいです。

 

あいまいにして、断るとまた、しつこく訪問してくる可能性もありますので、きっぱりと断ることが大事になってきます。インターホンを鳴らされても出ないようにしましょう。部屋にいれて、対面すると断りにくくなってしまうので、インターホン越しに断りましょう。

 

もし、万が一、入れてしまった場合もその場ですぐに契約せずに、帰ってもらうのが一番です。そして、後日、来たらインタホーン越しに断るか、居留守を使ってやり過ごすのが良いと思います。

 

あとは、基本的にはこういった工事をする場合には、必ず、複数の業者に見積もりをしてもらいましょう。1社だけの見積もりだと相場が分からずに高くなってしまうことが多いです。

 

相手のいいなりになってしまって、想定以上の高い金額となってしまうこともあります。複数の業者への見積もりで相場が分かれば、相場とかけ離れたところを避けることができます。それは、つまり、悪質な業者を避けるということにもつながります。

 

相場よりも安ければそれでもいいのでは、と思うかもしれませんが、相場よりも安いということは、どこがで手抜きをしたり、工程を短くしようとしている可能性もあります。

 

そういった相場よりも安い価格を提示してくるようなところは、安くしないと仕事を受注できないようなあまり質が良くない可能性があります。ですので、相場よりも極端に安いところは避けたほうがいいですね。

 

一括見積もりができるサイトに登録している会社であれば、悪質である可能性は低いですが、それでもなかにはあまりよくない業者が紛れ込んでいる可能性も否定できません。


見積もりをしてもらったら、口コミや評判などをネット上で参考にしてみて問題ないか調べてみましょう。焦って選んでしまうと変な会社に引っかかってしまう可能性も高まりますので、慎重に決めるようにしたいですね。

 


外壁塗装 お申込み

自己紹介

管理人のまさひろです。私も数年前に外壁塗装をしてもらいました。その時の経験やいろいろ調べて知ったことなどを紹介していきます。知人に外壁塗装の業者をしている人がいるので、その辺の情報もお伝えできればと思っています。よろしくお願いします^-^

1位
外壁塗装の窓口
外壁塗装の窓口
2位
リショップナビ
リショップナビ
3位
プロヌリ
プロヌリ

© 2020 外壁塗装 見積もり rss