外壁塗装 お申込み

外壁塗装 色

色選びで失敗してしまい、後悔する人も少なくないようです。「なんだかイメージしていたのと違う。これはちょっと微妙なんじゃ…」という感じで、せっかく数十万円といいうお金をかけて塗装してもらったのに、完成したときにイメージと違ったらがっくりですよね。

 

そうした、失敗しないためにも知っておきたい情報を紹介していきます。どういったことを気を付けて選べばいいのかお伝えしていきます。

 

外壁塗装の色選び

色選びのポイントはいくつかありますので、順に説明していきます。

 

・周囲との調和

住宅街で奇抜なカラーで塗装をしてしまうと、周囲から浮いてしまいます。隣の家や周囲の風景、全体的なバランスを考慮して決めることが大事ということですね。

 

景観を損なってしまうとご近所との付き合いがしにくくなったりする可能性もありますので、気を付けたいところですね。実際に景観をめぐってご近所トラブルになってしまうこともあるようです。常識の範囲内であれば大丈夫だと思いますし、業者と相談して決めれば、こういったトラブルは避けられるはずです。

 

低彩度の色だと落ち着いた雰囲気となり、周囲と馴染みやすく景観も保ちやすいので、こういった色を検討してみるといいかもしれませんね。

 

・光の加減
室内で蛍光灯の下で見るのと、太陽光の下でみるのとでは、印象だいぶ変わってきますので、必ず、太陽光のもとで確認しましょう。晴れ、くもり、雨の環境下で確認し、違和感がないかチェックしておいたほうがいいですね。

 

あとは太陽光という点でいうと、外壁が黒だと太陽光を吸収してしまい、室内が暑くなりやすいと言われています。黒はシックでかっこいいですが、そのあたりの影響も考慮して決めたほうがいいですね。遮熱顔料とかで太陽光を反射させることもできるようなので、そのあたりも業者とよく相談したほうがいいですね。

 

ただ、黒でも室内が暑くならないという情報もありますので、その辺は業者に確認してみるのがいいと思います。黒はかっこいいということで、選ぶ人も増えてきているようなので、そこまで神経質にならなくていいかもしれませんね。

 

・面積効果を考慮する
色はその面積によって見え方が違ってきます。見本で見たのと実際に塗られた色が違うと感じるのは面積効果の影響が大きいといわれています。これは面積が大きくなることで、暗い色はより明度が低く感じられて、明るいのは明度が高くみえます。

 

見本を見るときにはなるべき大きな見本をみたほうがいいといわれるのはこのためです。パソコンのカラーシミュレーションとかの場合は、パソコンの画面内なので、実際の色とは違ったりしますので、注意が必要です。

 

・ほかの部位との配色に注意
外壁だけではなく、屋根や窓枠、玄関ドアなどほかの部分との配色も大事になってきます。バランスが悪いと違和感が出てしまいますので、ほかの部分の配色も考えるバランスのよい色を選ぶようにしましょう。

 

業者さんの中にはカラーコーディネーターの方が在籍していて相談に応じてくれるところもあるようです。こういったとこであればあれば安心ですね。

 

今回、上で紹介したポイントを押さえておけば、大きな失敗は避けられるのではないでしょうか。ちなみに、シンプルさ、無難さ、調和という点でベージュは人気があるそうです。多くの人に選ばれている人気のものを選べば失敗の可能性は限りなく低くなるといえそうですね。

 

外壁塗装の色によって料金が変わる?

選ぶ色によって塗料が変わってきますので、当然、料金も変わってきます。白の塗料に顔料(色の粉)をまぜることで、塗料を作っていきますが、この顔料の料金がかかるので、色が濃くなるほど、必要になる顔料が多くなるので、塗料の価格もあがるということですね。

 

白に近いほど安くて、赤など濃くなるほど高価になるので、料金も高くなるというわけですね。あんまり高くしたくない場合には、白に近いのを選ぶのがいいですね。

 

ただ、白だと、汚れが目立ったりしやすいというデメリットもありますので、その辺も考慮する必要があります。見た目と機能面、料金面のバランスを考えて選ぶといいかもしれませんね。

 

外壁塗装の色 シミュレーション

だいたいの色が決まったら、カラーシミュレーションをしてもらいましょう。

 

カラーシミュレーションによって自宅の完成形をイメージしやすくなりますし、失敗もしにくくなります。自分のPCでカラーシミュレーションができるツールもありますが、業者にお願いしたほうが確実ですし、より正確にイメージできると思います。

 

業者はプロですからね。やっぱりプロに任せたほうが安心ですね。

 

パソコンの画面やプリンターで印刷したときに見え方が違ってくる場合もあるので、100%イメージ通りというわけにはいきませんが、おおよそのイメージが分かりますので、失敗の可能性は低くなるはずです。

 

色をどうするかは重要なことなので、今回紹介した点を参考にしていただければ幸いです。

 

自己紹介

管理人のまさひろです。私も数年前に外壁塗装をしてもらいました。その時の経験やいろいろ調べて知ったことなどを紹介していきます。知人に外壁塗装の業者をしている人がいるので、その辺の情報もお伝えできればと思っています。よろしくお願いします^-^

1位
外壁塗装の窓口
外壁塗装の窓口
2位
リショップナビ
リショップナビ
3位
プロヌリ
プロヌリ

© 2020 外壁塗装 見積もり rss